The sky is the limit!~私のMIRAI~

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ い じ めTOP*何となく更新* ≫ い じ め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

い じ め

こんにちわ-ん 
先ほど、足の上にコ-ヒ-のボトルが落っこちてきて・・・
いや-!!!0Дo*ノ)ノ 一気に目が覚めました!!

・・・・・・・・・めっちゃ痛いです・・・・・・・

最近、またまたいじめ問題について取り上げられてますね。
実は私も高校時代に友達関係でうまく行かない時期があって、
イジメとまで大きいものではないんですが、
話には入れなかったり、凄い疎外感があったりする時期があって
学校が嫌で嫌で嫌で仕方ないときがありました。 il||li(つд-。)il||li

でも私は〝不登校〟や〝保健室通い〟には抵抗があったので
一応、毎日頑張って学校には通ってました。
(時には保健室に逃げ込んだ時もあったけど・・・

そのときに私の担任の先生は私のために放課後、
時間を作って私と1対1でお話を聞いてくださったんです。

担任の先生は30歳になったばかりの女の先生だったので
年も近いこともあって、話は学校のこと以外でも色々弾みました

私はそのことがストレス発散でもあって、
話す前と話した後では〝別人のように顔が変わってね〟って言われるくらい!!
先生とのおしゃべりが私にとってはとても楽しいものでした。

その先生とは今ではメル友。

返信は時々しかないけれど、たまに忙しい時間を割いてお返事をくれます。
そのとき必ず「目が回りそうに忙しい」とか「倒れそうで~」とか
すっごくすっごく〝忙しい〟を強調してくる先生。 笑゛

でも私のメ-ルで励まされたよ、ありがとう!
っていつも言ってくれます。

卒業して今更、気づいたけど。

私とお話してた時の先生も〝凄く〟忙しかったんだよね。
こうしてお話してくれたときは高校3年生の時でした。

私だけじゃなくって進路のことだったりで
きっと他の人からも色々と相談を受けいていたはずだし、
授業のことや学校生活においてのその他のこととか
忙しいこといっぱいいっぱいあったはずなのに
私のために1時間、2時間も放課後時間を割いてくれてたんです。

先生、今頃気づいてゴメンネ。

忙しいのは承知してたけど
「先生、時間あるときでいいからお話聞いてほしい」なんて
1ヶ月に2、3回お願いする私に先生は時間作って向き合ってくれました。

本当に感謝。
素晴らしい先生に出会えたって改めて思いました。

やっぱりね、
いくら気持ちが落ちてても人に話すと救われることって多いです。
いじめで悩んでいた子は親にも先生にも話せなかった・・・
こんな辛い状況、本当・・・耐えられなかったと思います。
すっごく胸が痛いです。

私も、
この先生が担任じゃなかったら
もしかしたら学校から遠ざかっていたかもしれない。
でも〝話せる相手〟がいたから、私は救われました。

それが私の場合は担任の先生だった。

いじめ自体なくなることを願うけれど。
もいじめられている子が悩んでいることを
気づいてあげられる環境、相談にのってあげられる環境を
作ってあげることも大事なことなんじゃないかなあって思いました。
スポンサーサイト

Comment

編集
学生の頃は多かれ少なかれ、そのような経験は、誰にでもあるのかもしれませんね。今、いじめが原因で自殺にまで発展してしまうニュースを見ると、心が痛みます。
猫さんの経験はそこまでではなかったようですが、そんな時、話だけでも聞いてくれる人がいたってことは、本当に良かったと思います。
今は、いじめに加担する先生までいる時代ですが、猫さんの担任の先生は、とっても素敵な先生なんですね。
2013年07月29日(Mon) 15:35
ぷうこさんへ
編集
本当、最近はそういうニュ-スが多くて心痛みますよね。
死ぬことが出来るんだったら何でも出来るのに・・・って思います。
逃げたかったら逃げていいのに、何で死を選ぶんだろうって。
今でも先生とは連絡を取ってますよヾ(@°▽°@)ノ
せっかく会えたご縁を大切にしていきたいなあ-って思ってます。
ハガキやメ-ルでは連絡しているものの・・・・
卒業以来あったことがないんですよね(;´▽`A``

機会があったら会いたいなあ \(^o^)/
2013年07月31日(Wed) 15:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。